YUTOLOG

全員加入が必須のスイスの健康保険の選び方

ozp88_orenokizugauzukuze-thumb-815xauto-13977

スイスの健康保険

スイスに来る前に海外保険に申請する人がいるかもしれません。交換留学で短期の場合はそれでも大丈夫かもしれませんが、正規留学などの長期滞在の場合は日本では海外保険を申請しないようにしましょう。

スイスでは長期滞在する際には保険加入が義務でこちらに来てから3ヶ月以内に申請しないと罰金を取られるらしいです。

スイスは政府は、国民の保険加入の有無を調べていて、日本の海外保険ではスイスの基準を満たしているのか不明なのでなるべくこちらで加入するようにしましょう。

僕も実際保険についてはよくわからなかったのでしばらく放置していたのですが、そしたら催促のメールが来ました。できるだけ早めに申請してしまうのがいいのかもしれません。

CSS

css_rgb_d_pos

保険についてはフランス語の先生にも聞きましたが、大手の保険会社はCSSという会社のようです。この会社は、健康保険の他にも旅行保険や住宅保険など様々な保険を用意しているので自分の生活や目的にあった保険を選択することができます。

サービスの充実性

スイスの会社なので日本の保険などと比べると割高な気がしますが、それでも24時間対応だったりと、大手の充実したサービスを受けることができるという点で安心です。

学生なら月々100CHFくらいで済むそうです。Ph.Dになると給料が発生しているのでもっと高くなってしまうようですが、このあたりは実際にお店に行って確認してみてください。

先生曰くスイスの保険会社は探せば安いところはいくらでもあるけれども実際に診察に行った時に有名でないものだと使えなかったり、病院のスタッフも知らなかったりで申請に時間がかかってしまうそうです。

なので健康保険はあまり値段ばかりにこだわらず、しっかりとしたところを申請するのが良いようです。

店舗の場所

CSSはスイスの大手保険会社なのでスイス各都市の様々なところにあります。どの店舗が一番近いのかは主にホームページで確認してください。

CSSのサイトへ

ローザンヌにもCSSのショップはあります。場所はBel-Air(Lausanne-Flon駅から徒歩2分のバス停)に真正面にある大きな建物ですぐに見つかると思います。

健康保険で迷っていたら一度行ってみてもいいかもしれません。

Agepoly

agepoly

EPFL学生生活|Welcomedayでも少し出てきましたが、AgepolyはEPFLの様々なイベントや学生生活を支援する最大の学生団体です。

もしEPFLの学生として長期滞在する予定ならば、Agepolyを利用することをお勧めします。ここは学生がいろいろなことを取り仕切っていてその中で保険についても管理しているのでこちらで相談することも可能です。

大学で申し込みが可能

僕は実際Registration DayにこのAGEPOLYに保険の相談に行って保険を紹介してもらいました。最低限の保険でいいのなら、と紹介されたのがGESTUNIONという保険会社でこちらは月々86CHFです。

他にも部屋の保険をつけたり移動先での損害補償だったりをつけるともう少し高くなりますが、こちらもそれほど高くはありません。もし不安があるならばつけてもいいでしょう。

保険の注意点

とにかく保険については補償内容と月々の保険料をしっかりと確認しておく必要があります。わからないことはそのままにせずしっかりと確認して納得した上で保険を選ぶようにしてください。

必要な書類

必要な書類は以下のものです。

  • パスポート
  • 学生証
  • 住所を控えた紙
  • (もっていれば)滞在許可証

支払い方法

支払い方法については、一括と分割があって毎月支払う12回払い/年、6回払い/年、2回払い/年、1回払い/年の三つがありました。

毎月払うのは少し面倒だったので僕は一括で支払いましたが、分割にしても手数料がかかるということはありません。自分に合った支払い方法を選択しましょう。

申し込みをすると、支払い用紙をもらうのでその用紙を持ってLa Posteで支払いました。Agepolyで申し込みをしても保険は有効にならず、支払いをした翌日からの有効になります。

大学にもLa Posteはあるのでできるだけ早めに支払いを済ませておきましょう。

支払いを終えたら

支払いを終えてもいつまでも保険証が届かないので、書かれていたメールアドレスに文句を言ったら、学生であることを保証するために学生証のコピーが必要とのことなので、大学のコピー機を使ってスキャンし、データを送付しました。

最後に

保険についてはとにかく学生ならAGEPOLY、研究員の方なら研究室の秘書に相談するのが一番早いと思います。

大切な書類なので失敗しないように慎重に選んでください。