YUTOLOG

スイスのちょっと変わった常識

max16011508-2_tp_v

日本にはないスイスの常識

海外に来ると感じるのが文化の違い。

日本では当たり前と思っていたことがこちらでは通じなかったり、日本にはない現地特有の文化などもたくさんあります。

スイスに暮らしてもうすぐ1年になろうとしているので僕も少しずつ慣れてはきましたが、こちらに来た当初驚いた様々なスイスの常識を紹介していこうと思います。

車が必ず止まる

pak160218480i9a9257_tp_v

スイスに来て一番驚いたのがこちらの常識。

歩行者が信号がない横断歩道で待っているときは、必ずと言っていいほど車は止まってくれます。

日本だと止まってくれないことも多いので、様子を見ながら車が止まりそうなときは渡るなど注意しながら渡る必要がありますが、こちらではすぐに車のスピードを落としてくれるので遠慮せずに渡りましょう。

特に遠慮して立ち止まってしまうと車を余計に止まらせてしまうことになるので、図々しいくらい堂々と渡りきってしまいましょう。

もちろん車が止まってくれたときは感謝の意味も込めて手をあげるようにしています。

ゴミ袋は店員さんに声をかけて買う

0i9a160415080826gomi_tp_v

スイスではゴミを捨てるとき、指定されている白いゴミ袋を使う必要があります。

それを使わないと回収されないので、ルールを守るならばそれらを買ってその袋の中にゴミを捨てる必要があります。

この袋はCOOPなどのスーパーで売っているのですが、政府が厳しく管理しているからか商品の棚には置いておらず、レジなどで店員さんにゴミ袋を買いたい旨を伝える必要があります。

フランス語が話せない僕にとってはこのやり取りが少し苦痛です。

店員さんにゴミを捨てる白い袋を買いたいです。と伝えると少し悩んだ挙句、取ってきてくれてレジを通してくれます。

高いレジ袋

ちなみにこの袋には17Lと35Lの2種類があり、それぞれ10袋セットで10CHF,20CHFとなっています。

袋にしては高いですが、それはゴミの回収の費用も入っているのでこの値段になっています。

僕のところでは3人で割り勘していますが、高いので大切にこの袋を使っています。

ちなみにペットボトルやプラスチックの容器などはCOOPなどで分別しているのでこのゴミ袋には入れず、COOPまで持って行ってすてましょう。

お店でジュースを飲んでもOK

スーパーで買い物をしていると、お店の商品を勝手に開けて飲んでいる人がいます。

僕も初めて見たときは、やけに堂々とした万引きだなぁーと非常に驚きましたが、こちらでは会計を後で済ませれば店内で飲んでもいいことになっています。

実際、店内で飲み干したジュースの空をレジに通して空の容器を捨ててもらっているお客さんもいました。

もちろん日本人の人がそんなことをすることがあまりないのはわかりますが店内でそのような人がいても焦らないようにはしてください。

その人は万引きではなくて、ちょっと我慢が苦手な人なのです。

最後に

以上が僕が感じたスイスのちょっと変わった常識です。

始めにスイスに来たときにはこれらのことに驚かされるかもしれませんが、すぐになれると思うのでこれらの常識について知っておくだけは知っておきましょう。

他にも何か驚いたことがあったらぜひ教えてください。