YUTOLOG

ローザンヌの交通事情

img_2688

電車の乗り方

スイスでの主な移動は、やはり電車です。当然ですが、日本の電車とは異なる点も多くあるのでそれらについてこちらで説明していきます。

スイス旅行や留学の際にはこれらの点に気をつけて旅行しておけば楽しく、そしてお得に旅を楽しむことができます。

SBB

ローザンヌの街を主に走っているのはSBBというスイスの鉄道です。

この会社は地下鉄とバスを両方やっているので、ここでチケットを買えば大体の場所は移動することが可能です。

この鉄道会社のホームページはこちらなので、チケット購入や時間を調べる際にもこちらのサイトを利用してください。

券売機

img_2983

こんな感じの券売機が全ての駅にあるので、ここでチケットを買います。ちなみにこの券売機ではお札が使えない場合があるので十分な硬貨を用意しておきましょう。

ちなみにカードも使えますが僕のカードはなぜか大きい駅でしか使えませんでした。なので念のため硬貨も用意しておいたほうが無難です。

ローザンヌ市内の路線図

地下鉄は二つあります。RenonsからLausanneFlonまでを東西に走っている2番の地下鉄とOuchyから北の方へ移動する1番の地下鉄です。

この二つはLausanneFlon駅で合流しているので乗り換えはこの駅で行います。

lausanne-map

このメトロはとても便利で10分に一本くらいは出ているのでローザンヌでは一番の交通手段となっています。

各駅からバスも出ているので、地下鉄で移動した後そこから出ているバスに乗って家の近くまで行くというのが主流のようです。

しかしバスは、本数が少なくラッシュアワーでも15分に一本。通常時は20分から30分に一本となっているので乗り遅れないように気をつけましょう。

時刻表を調べるアプリ

スイスにもyahoo!乗り換え案内のような時刻表を調べるアプリがあります。

SBBで検索するとすぐに出てくるので調べてみたください。

ローザンヌフロン

ちなみにこのLausanneFlon駅は、街の中心街で大きなお店がたくさん並んでいます。買い物や食事をするならこの駅はとても便利でオススメです。

img_2950

 

料金

交通についても少し高いです。交通費はローザンヌの市内移動だけなら1時間乗り放題で3.6CHFです。

img_2985

少し見づらいですが、上の絵で青色で示している部分に関してはこの3.6CHFで一時間以内なら移動可能です。

この図だと少し小さく感じるかもしれませんが、実際は十分広く、市内観光(ローザンヌにはあまり観光する場所はないけれども)やちょっとした買い物などはこのエリアで済ませることができます。

しかしモントルーやヴェヴェイなどへ出かける際には券売機に行き先を入力してそこまでの交通費を払わないといけないので注意してください。

1日乗車券

観光などできている方はホテルで1日乗車券をもらえるかもしれないのでそこまで心配しなくていいとは思いますが、もし乗車券をもらえずしかも繰り返し移動するようなら1日乗車券を買ったほうがお得です。

こちらは一人7.6CHFです。なので2箇所以上一日で乗る場合は迷わずこちらを購入しましょう。

乗車券の確認について

こっちに来て驚いたのは、日本と違ってチケットを毎回チェックしたり改札があるわけではないので、やろうと思えば無賃乗車ができます(もちろん違法)。

しかし定期的に駅員が見回りをしていて定期券もしくはチケットを持っているかチェックしにきます。

僕は二度ほどチェックを受けました。

特にメトロでのチェックが厳しいので、メトロに乗る際は絶対にチケットを持っておきましょう。チェックの際にチケットを持っていないと罰金で100CHF払わされるようです。

友達の話によると

max16011422_tp_v

友達の話によると駅員が私服で紛れ込んで、電車の中で中にきている車掌服を出していきなり切符をチェックするということがあったようです。

まるでスパイみたいですが、それほどいつチェックが起こるかわからないので必ずルールは守りましょう。

というかそんなことをするのなら最初から日本のように改札機を取り付けたらいいのにと思うのですが、ここはヨーロッパ。

少しゆるーい感じもまたこの地域らしくていいのではないのでしょうか?僕はもう慣れました。

 

 

安く電車に乗るには

安く電車に乗る方法として、Super Saver Tiketというのがあります。これは時間帯にもよるのですが、時間を指定して事前に予約すると本来の値段の半分ほどで電車に乗ることができます。

詳しい方法はこちらの記事で説明しています。

一度予約するとキャンセルできないので注意してください。そしてこちらのチケットは、印刷するかスマホタブレットにe-ticketを保存して乗務員に見せる必要があります。

その際に身分証明としてパスポートもしくは滞在許可証が必要になります。忘れずに持ち歩くようにしましょう。