YUTOLOG

イースター用のリンツチョコレート

img_3522

イースター用のチョコレート

3月の終わりから4月にかけてヨーロッパではイースター休暇というものがあって、キリストの復活を祝っています。

日本ではあまり馴染みがないものですが、こちらではバレンタインデーが終わると同時にイースターの雰囲気になり、多くの学生は授業が休みなので旅行に出かけます。

イースターのシンボルとしてよく用いられるのが、うさぎと卵。

イースターのシンボルとしての卵

03

イースターとは別名復活祭で、キリストの復活とかけて生命の誕生と関連のある卵が使われるのはわかる気がします。

この時期によく出回っているのは、ただの卵ではなく派手に装飾されたカラフルな卵です。中身は全く一緒なのですが、これらを使って子供達がエッグハントを行っているようです。

イースターのシンボルとしてのうさぎ

01

もう一つのシンボルのうさぎ。うさぎは、キリストとも誕生とも関係なさそうですが、調べてみると海外ではうさぎは子孫繁栄を意味しているようです。

春になるとうさぎは多くの子供を産むことから、子孫繁栄のシンボルとなりそれが復活祭と結びついたようです。

リンツイースターチョコレート

僕も初めてではありますが、イースターを祝うためにうさぎのチョコレートを購入しました。

リンツイースター用のチョコレートで一つ4CHFくらいで販売していました。チョコレートには鈴がついていて、持ち歩くとリンリンとなって非常にかわいいです。

これは少し小さいサイズなので安めですが、もっと大きいのだと9CHFくらいします。もっと盛大に祝いたい方や家族で食べるならこちらの方がいいのかもしれません。

甘くて美味しいチョコレート

さすがリンツのチョコレートだけあってチョコレートは非常に美味しかったです。粒状になっているリンツのミルクチョコレートよりもさらに甘かったです。

おそらく子供に向けて作っているので大人にとってはかなり甘く感じるし、全てを一度に食べきるのは難しいと思います。

それでも僕にとっては非常に美味しくてさすが、リンツのチョコレートと感じました。

実は中は空洞

初めは、うさぎ型にびっちりとチョコレートが詰まっているのかと思っていましたが、中は空洞でした。イメージとしては昔流行ったチョコエッグのような感じでした。

少し食べにくい感じはありましたが、割って少しずつ食べたらみんなでシェアできていいのではないでしょうか?

リンツのチョコレートを購入するには

リンツはスイスの有名ブランドですが、日本でもいくつかの専門店があり、そちらでも購入することが可能です。

またインターネット販売もやっており、こちらのサイトから購入可能です。

こちらで会員登録をすると、ポイントが貯まったり、誕生月にポイントが受け取れたりと多くの特典を受けることができます。

もし興味があればこちらからぜひチョコレートを購入してみてください。