YUTOLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

袋売りよりも量り売りの方が安いので注意!

日本だとセットでまとめてあるものの方が安いですが、スイスでは逆になります。

量り売りで買った方が、上の写真のようにパックされているものよりも安く買うことができます。

スイスでは物価も高いので、少しでも節約するためにも気にならなければ量り売りの野菜を購入しましょう。

試しに人参の値段で検証してみた

パックに入っているものが安いということを確認するために、今回はパックに入っている人参と量り売りの人参で値段を比較してみました。

多くの野菜で、このようなことが起きているので、基本的には量り売りが安いです。

パックの人参

上の写真の値札に注目すると、以下のような値札が書かれています。

パックの値段は1kgあたり、3.2CHFとなっています。

量り売りの人参

一方、量り売りの人参のところへ行くと以下のようになっています。

量り売りの人参は1kgあたり2.3CHFとかなり安い値段になっています。

こちらのように量り売りの方が、0.9CHFも安い結果になりました。

なぜ量り売りの方が安いの?

なぜ量り売りの方が安いのかは僕にも全くわかりません。

けれど、もしかしたら質の良いものを先にパック詰めして、あまりの野菜を量り売りとして販売しているからかもしれません。

見ていると量り売りのものの中には形の悪いものもあるので、質のいいものばかりをパックで確保しているのかもしれません。

量り売りのものでも十分な質なので、全く問題なく食べることができます。

最後に

スイスでは、量り売りの方が安いため食材を必要なぶんだけ購入することができて助かっています。

特に食材の質にこだわりがないのならば、量り売りのもので十分だと思います。